指のタッチを教えていて感じること♪

ピアノを弾くとき、どうしても手首に力が入ってしまう・指がペッちゃんこになってしまうという悩みをお持ちの方は多いと思います。

 

実は、手首に力が入っているから指のタッチが悪いのではなく、

指や脳がきちんと機能を果たしていないから手首や腕に頼った弾き方をしているお子さん、凄く多いんです!

 

実は、私の青春時代の夢は、中学校の数学教師か副作用のない薬の開発をする研究員でした(笑)

そのため、通っていた高校は進学校で、理系か文系どちらに進むかの選択を迫られていたころは、音楽の道に進むかどうかで悩んで居た時期でしたので、理系を選択していました。選択授業の物理も、男子の中に女子1人という年もありました(笑)そんな、理系女な先生です!

今では、高校の物理で習った難しいことは忘れちゃってますけれどね(笑)?????`?i???_???????j

 

ピアノ指導者として物理的・人体解剖学観点から、手首や腕のかたまり原因を解きほどくと、いろんなことが分かってきます。

高校時代に学んだ考え方などは無駄ではなかったです♪

 

簡単に一言で表すと、

指が正しく機能していない。

単純なようで実はコレがとっても難しいんです????????

 

指を正しく機能させるために、脳の働きがとっても重要になってきます。目から得た情報の処理の仕方もとっても大事です。

指が機能していないお子さんは、目で鍵盤を追ってそこへ手を持っていって押さえる。という脳の使い方をしています。私はこの脳の使い方をしている子には、脳みそ休んでるよ。と言ってます(笑)

弾いてる本人は考えてるつもりですが、実はコレは、確認作業でしかないのです。

指を動かす筋肉は、腕や足についている筋肉よりも小さく、内から自分の体を感じ取ることができ、その上で脳がしっかりと指令を出さないと動いてくれません。

 

こんな風に弾きたい!と思っても、なかなかそのような理想的な音の響きを出すのは難しいですよね?o?b?h?i???????????j

そういう時は、物理的・人体解剖学観点から見てみるのもいいかもしれませんね?h?????n?[?g

 

ちなみに、目で鍵盤を追って押さえてしまうのは、指が機能しないがゆえに弾きにくいのを無意識にカバーしようとしたり、ちゃんと弾かなきゃって思ってしまう、心理的な問題からきてるなぁと感じます。

生徒さんたちは皆さんとても素直な子達ばかりなので、そういう視点からも謙虚に向き合って上手になろうとしてくれているので、とってもレッスンが楽しいです????????

そのあたりのお話は、また次回♪

ピアノクリニックコース

????????以前からご要望がありましたので、新しいレッスンコースを開設いたしましたexclamation

 _0226.jpg

どれだけ練習しても、同じところでつまづいてしまう。

すらすら弾けているけれど、なんだかしっくりこない。

指が思うように動かない。指のタッチが悪い。

腕の脱力ってどうすればできるの?

楽譜を読むのがちょっと苦手で・・・

など、ピアノを弾くにあたっていろんなお悩みがあるとおもいます。

上記のお悩みは、全て原因があり起きている現象です。

そんなお悩みを解消したい方のために、{なぜそうなってしまっているのか。}というところに着目し、当教室独自の視点から発案された指導法により、改善する1レッスン制のクラスです。

心因的な原因からきている勘違いや、腕や指の物理的な癖など・・・「自分の癖に着目して自分をまずは知る。」というレッスン方法により、細やかにほぐしましょう????????

遠方で定期的に通うのが難しい方、綺麗な音でワンランク上の演奏を目指してみたい方にお勧めさせていただいております。

※ピアノコースで定期的に通われている方のレッスンでも、同じ指導をさせていただいております。こちらは単発レッスンを受けられる方専用のコースです。

 

30分レッスン  初回3,000円/1回  2回目以降2,500円/1回

60分レッスン  初回5,500円/1回  2回目以降5,000円/1回

 

 

 お問い合わせ、お申込みはこちらから♪