練習時間♪

かわいい練習はどれ位すれば上手になれるの?

 

以前受けた脳科学の講座では、何事も1万時間練習すれば物になると聞いてかえってきましたが・・・

それって、毎日3時間×10年間ってな感じです。

ちなみに、その講座で先生がおっしゃられていたのは、1日に脳に蓄積される量は時間を区切って練習しても、一気に練習しても、3時間がマックスなんだそうです。

脳科学的観点からはそうかもしれませんが・・・

 

もし、3時間出来たとしても、目的を持って集中した練習方法で取り組むのと、ただ3時間という時間だけにとらわれて時間が消化されるのを待ちながら取り組むのとでは大違いですよねexclamation

 

子どもは特に、気分が乗らないと練習してくれませんもうやだ〜(悲しい顔)

どういうアプローチで気分が乗ってくるのかも、十人十色です。

「毎日どれくらい練習したらいいですか?」と良く質問されるのですが、私はいつもこれだけのを練習してくださいとは言いません。

「こういった手法での練習をしてみてください。」とお答えしています。

個々のお子様に、それぞれの手法がマッチしたとき、子どもたちは自分に合った手法は、

無駄が無いし楽しいるんるん

と感じて、自然と練習をしてくれるようになります。

 

毎日何分練習するexclamationときめて、練習をする癖をつけるのも悪いことではないですが、

毎日集中して止まらず5回exclamationとか、練習できるときに、今日はこの部分の音取りを完璧に仕上げるexclamationという感じで、目的を持った練習を頑張ってみてくださいわーい(嬉しい顔)

子どもは、時間をきめちゃうと時計にばっかり目が向いて集中しないので、時間の無駄で終わってしまうんですよねもうやだ〜(悲しい顔)