コンクールは上手だから受けるの?いいえ、上手になるために受けるんです♪

るんるんコンクールるんるん

皆さん、コンクールに対して敷居が高い言葉に感じますか?

生徒さんにコンクールをお勧めすると、

「そんなに上手じゃないので・・・」というような、お返事がまずは返ってきます。

コンクールは、上手だから出るのではなくて、上手になるために出るのです!

コンクールに出ると、審査員の先生方からの細かな評価もいただけます。

大きなホールでピアノを弾いて、審査してくださる先生方から細かなアドバイスをいただける。

1人でホールを借りて、いろんな先生方に来てもらって評価いただいて・・・となるといくらかかっちゃうんでしょうね・・・がく〜(落胆した顔)

コンクールに出るみんなで、そのお金を割り勘してる感覚で考えると、コンクールってお得じゃないですかexclamation&question

 

小山真梨音楽教室では、コンクールに挑戦したい子はどんどん挑戦しちゃえグッド(上向き矢印)と教えています。

ただ、出るからには、頑張る気持ちがあるのかを確認しますけれどね(笑)

 

コンクールと言っても、いろんなものがありますよね。

私が生徒さんにお勧めしているコンクールは、きちんとした細やかな審査委員からのコメントを1人1人いただけるものに絞っています。その中で、課題曲が今の生徒さんが上達するにふさわしいレベルであったり、任意の曲で高いレベルの曲を聴いてもらえるものであったりと、コンクールのレベルや条件が生徒さんに合ったものをチョイスすると言った感じでするんるん

審査委員からのコメントは1行のみっていうようなコンクールはお勧めしていません・・・なぜかと言うと、順位の結果のみで、受けた子のこれからの為になる言葉が残らないからです・・・

 

教室に通っているこの中で上手だからコンクールに出るのではないんです。

上手になりたいexclamation自分の力を試してみたいexclamationコンクールに出てみたいexclamationそんな生徒さんの気持ちが大事なんですわーい(嬉しい顔)コンクールに出て、恥じない演奏を出来るかどうかは、本人の練習への姿勢と指導者の熱意ある取り組みが大事だと思っています。

 

3年前の話です、小学1年生でピアノを2年以上習っているのに楽譜がなかなか読めないHちゃん。なかなか読めないと言うより、これでいいんだ・・・と言う甘えが本人にあったので頑張ろうとしていなかったんですふらふら

そんなHちゃん、急にコンクールに出たいと言い出し始めましたあせあせ(飛び散る汗)お友達に対抗してです(笑)

お母さんがとっても理解ある方なので、コンクールまでレッスンに一緒に入って、家庭での練習はお母さんがしっかり付き添ってくださいました。車で教室まで片道30分かかるのに、グランドピアノでの練習をさせてくださいとのことでしたので、レッスンが入っていない空き時間はレッスン室のピアノをお貸しもしました。

Hちゃん、結果は賞をとることは出来ませんでしたが、コンクール以降も、それ以前までできていなかった、自分の音を聴きながら音楽を奏でると言うことが出来るようになり、綺麗な音色でどの曲も弾けるようになりました。楽譜を簡単にアナリーゼする楽しさも覚えたのか、楽譜をしっかり読んで考えて弾くようにもなりましたぴかぴか(新しい)

 

実はこのとき、他にも生徒さんが受けていて賞をいただくことも出来ましたるんるんただ・・・賞をいただいたこの方が、後々のアフターが大変なんですもうやだ〜(悲しい顔)

賞をいただいちゃうと、私って上手!ってのぼせ上がってしまって、その後レッスンでナルシスト弾きになってしまい音がみだれる・・・なーんてことも(笑)

しっかりそこは、「賞を取れるほど、先生からのアドバイスを自分で考えて頑張って練習に取り組んだからだね!」と褒めた後、気持ちを引き締めなおしますけれどねわーい(嬉しい顔)驕りは大敵ですがく〜(落胆した顔)

 

Hちゃんの経験を見ても分かりますけれど、コンクールは、上手だから出るのではないですよねわーい(嬉しい顔)

上手だから、素質があるから、コンクールは受けるものと勘違いされてる方exclamation上手になるチャンスを見逃して損しちゃってますよダッシュ(走り出すさま)

コンクールに毎年挑戦している子が上手に見えるのは、それだけ上達するきっかけを回数こなしている成果なのですぴかぴか(新しい)

習い初めで腕に力が入っている子♪

ピアノを弾くときに腕に力が入ってしまう子は多いですよねたらーっ(汗)

以前、指が正しく機能していないのが原因のひとつと書かせていただきましたるんるん

でも、腕に力が入ってしまう理由はそれだけではないですよね・・・

人間十人十色、考え方や感じ方はそれぞれ違います。なので、レッスンでは、しっかりその子の性格や考え方なども考慮して、どうして腕に力が入っているのかを探っています。

以前書いた、指が機能していないからのパターンは、ピアノを習い始めてしばらくたっても腕に力が入っている子の話でした。

今日は、習い初めたばかりの子どもさんが腕に力が入っているパターンで書かせていただこうと思います。

楽器によったら、ヴァイオリンのように子どもの頃は体にあった小さな楽器で始めるものもありますが、ピアノは最初から大人が弾くのとと同じ大きさの楽器ですよね。

手の指も小さく、腕の重さも軽いけれど、大人の指や腕のサイズでちょうど弾きやすい鍵盤を子どもたちは必死に叩いているんです。

腕の重さも、指の強さもないものですから、大人が楽に出す音の大きさを出すことは不可能です。

でも、子どもたちは必死で真似ようと、頑張ってピアノという楽器に向き合います・・・

腕を振り上げて叩きつける子もいれば、1の指の使い方が凄い状態の子もいます(笑)でも、それは、子どもが必死で「どうすれば音が出るんだろう?」と考えて向き合って挑戦した結果なのです。

自分で考えて向き合っている素晴らしい状態ですよねるんるん

教室ではそういう時、「その弾き方はだめ」と言う否定的な言葉はかけないようにしています。子どもたちはそれぞれ、一番最善だと思う方法で弾いているのですから、「そうじゃなくてこう!」と言っても納得しないし、傷ついちゃうだけです・・・がく〜(落胆した顔)

なので、どうしてその弾き方ではだめなのか、全身運動を使って体験することによって子ども達に感じ考えてもらうようにしています。

凄くわかりやすいのが、歩く動作と、ピアノを弾く指の動きを連動して考えてもらう作業です。

指=足、腕=胴体、腰=手首と言う風に置き換えて、ピアノを弾いているときの腕や指の動きを体の動きに例えます。

腕を振り上げて叩きつける子は、{指は動いていない・手首は固まっている・腕は上下運動をしている}={足は動かさない・腰は固める・胴体は上下運動}この動きを、私は必死に再現します。はっきり言って凄い状態です(笑)子どもには、その動きは、普段自然に歩いている状態とどう違うのかを感じ考えてもらいます。

自然に歩くとき胴体や腰や太ももに無駄な力は入っていませんよね?どこかに力が入ると、足が動いてくれませんもうやだ〜(悲しい顔)

子どもたちは、これをすることによって、自分の指や腕がどう動いているのか、向き合ってくれるようになりまするんるんこの教え方は、面白いくらいにわかりやすい例えのようでするんるん

ふっとこの考え方に行き着いたとき、恩師の西野先生にこういう指導をしてみたことを伝えたら、

「確かに!玉ちゃん!(旧姓玉川だったので笑)、それ子どもにもわかりやすいし、言ってることは間違ってないよ!よく思いついたわね〜ぴかぴか(新しい)

とオッケーをいただいたので、自信を持ってこの方法で教えていますわーい(嬉しい顔)

 

 子どもたちは、ピアノを始めたばかりのときは、ワクワクどきどきしていて必死に考えて頑張って弾いています。その頑張りが、実は無駄な力みを生んでいるのです。凄い弾きかたをする子ほど、実はいろいろと考えて、ピアノに向き合っているのだと、私は捉えて子ども達に向き合っていまするんるん

技術上達以上に重視していること♪

体験にいらした親御さんから

「昔ピアノを習っていたけれど、ピアノの先生って出来なかったら怒り出す怖いイメージがあるんです。」

と、よくお聞きします。

うんうん。わかります・・・(笑)

弾いている指を、また間違った!といって鉛筆で叩く先生・・・

生徒をピアノの椅子から突き落とす先生・・・

遠まわしに嫌味を言ったり、なぜ出来ないのかに向き合ってくれず、ただ人間性を批判する先生・・・

こういった先生から教わったことのある方は、皆さんいろんなトラウマを抱えていらっしゃいます・・・たらーっ(汗)

これでは、怖くて萎縮して、肩や腕に力が入って思い通りに指をコントロールできないし、頭の中では、怒られないようにってことばかり考えてしまいますよね。結局悪循環で、弾けなくなって楽しくなくなります。もうやだ〜(悲しい顔)

 

では、いつも先生がニコニコしていて、いっぱい褒める。というのはどうなのでしょう?

私は、何でもかんでも褒めて育てるのは違うと思っています。当たり前のことまで大げさに褒めて、子どもの機嫌を取ることはとっても簡単です。そういった子どもとの付き合い方は、体力も使わないしとっても楽です。でも、機嫌をとられた子供は、人として成長できるのでしょうか?将来社会人になったとき、当たり前に褒められる環境ではないので、そういった環境で育った子は潰れてしまわないか心配です。

 

教室では、

出来ないことに挑戦する前向きな姿を褒めて、出来たときに子どもと一緒に達成感を分かち合う。ぴかぴか(新しい)

ことを、とても大事にしています。

なので、技術的なことを教えるとき、

出来なくてもいいから、まずは挑戦してみよう!最初から何でも出来るなら先生必要ないじゃん!レッスンって言うのは、出来ないことをどうしたら出来るようになるのか、先生に教えてもらってがんばって出来るようになるための場所だよexclamation

とよく言っています。

挑戦したときは、きちんとその姿勢を褒め、達成できるまで私がしっかりフォローして、出来るようになる。という流れを重視しています。

ピアノを弾くにあたって、いろんな技術を身につけることはいいことです。でも、私の中では、技術を子どもが習得することは人としての成長のスパイスでしかありません。

子どもたちは、将来どんな夢を抱いてどんな大人になるのでしょう。全員が音楽にかかわる仕事はしていませんよねるんるん

私の娘も、ピアノを学んでいて、コンクールに出たりと頑張っていますが、将来の夢はころころ言うことが変わっているし、今まで音大に行きたいとは1度も言ったことがありません(笑)そんなものだと思っています。

ピアノを習うに当たって、いろんな壁が出てきます。そのときにどう自分に向き合って、前に進めるか。それがとても大事だと思います。ピアノだけじゃなく、どの習い事でも同じですよねわーい(嬉しい顔)

最初は出来ないのは当たり前よ〜るんるん出来てもらっちゃ、先生必要なくなるから困るし〜るんるん

なくらいで、どーんと構えていると、子どもはリラックスして、あーでもないこーでもないと、いろいろ考えて、細かなタッチのことにも向き合ってくれます。

出来なかったらどうしようと考えている子は、頭の中では私が教えてることを思い返すことはせずに、どうしようと言う感情にのみ考えが向いて、体をコントロールできずに無駄に力んでしまっているんです・・・

出来ないことでも前向きに挑戦して、自分のものにして、自信をつける揺れるハート

それを続けることで、壁にぶつかっても前向きに取り組める強い人に育って欲しいと願っています。

 

ここまでを読んでいただくと、叱らない前向きで明るい先生だと思われるかもしれませんが、

態度があまりにも悪かったり、レッスン中にいつまでも何もせず前向きに取り組まないときは、叱っていますがく〜(落胆した顔)

甘えさせてあげることと、甘やかしは違いますよねるんるん

 

実は、向き合うことをしっかり褒めて、出来たときに一緒に達成感を味わう方法だと、生徒さんの伸びもとても速く、指導者の私もかなり体力は使いますが心労なく楽しく取り組めてとても楽しいのでするんるん

技術上達以上に、取り組む過程で感じ学べるいろんな事を重視していますハートたち(複数ハート)

楽譜を見ながら弾くのはお得♪

教室では、手元を見ないで楽譜を見ながら弾くトレーニングを、タイミングが来たら、かなり口うるさく指導しています。

このときの私・・・松岡修三さん化しています(笑)

このときのみではなく、ここは重要!ってポイントでよくなってますけれど・・・ダッシュ(走り出すさま)

 

ピアノを始めたばかりで教則本も初めのほうであれば、4〜8小節の簡単な曲なので、こどもは鍵盤の上で覚えて弾けちゃいます。その頃に、私が楽譜上で弾いてるところを指差しながら動かしても、楽譜を全く見ないタイプの子は、楽譜を見ながら弾いたほうが上手に弾けるようになる事をこちらから伝えても、そのときは何も不自由を感じていないので耳を傾けてくれません。

なので、教室ではお子さんが止まりやすくなる曲に到達したタイミングで、手元を見ないで弾くゲームをしていますわーい(嬉しい顔)ゲームという言葉を使うと、子どもたちは挑戦してくれます(笑)失敗しちゃっても、ゲームなのでもう1回!と、出来るようになるまで前向きにチャレンジしてくれまするんるんゲームは魔法の言葉です(笑)

お母様方exclamationここってタイミングのときに、私のほうから、こういう感じで家でゲームをして見てあげてくださいってご案内させていただきますので、それまではいろいろお子様に言いたくなるのはぐっと我慢で頑張ってくださいねるんるん

私たち大人も、納得できたら得なほうを選択して実践しますよねひらめき子どもたちも同じなんですぴかぴか(新しい)

子どもたちは、今までの自分の手法より、楽に上手く弾けるコツを経験して納得したとき、ニコニコ顔でこちらを見てくれ、楽譜をしっかり見ることの大切さを聞いてくれるようになりますわーい(嬉しい顔)

 

楽譜を見ながら弾くと、次の音が分かるから止まらなくなる。これは、当たり前の話ですよね(笑)

私は、止まらなくなることよりも、楽譜を見ながら弾くとき、次の音へは何度移動するのかを小学校低学年までにしっかり意識して鍵盤の場所を想定して指を広げられるトレーニングを重視しています。

これは、結果的に止まらないで弾ける方法にもつながるだけでなく、次の音へ何度の関係かをしっかり頭で考え指に指令を送り準備させるため、腕の力が抜けてしっかりと正しい運指状態で弾くことが出来ます。

音の幅を考えずに鍵盤を見て弾いていると、視覚的優位の状態になってしまい、見ている鍵盤を指で弾くのではなく、その上に指を持っていって腕で押す状態になります。

腕で押された指先は、関節が反対側に反っちゃいます・・・指先が弱いから指が反ると言う現象よりも、腕の大きな筋肉を使って押してるから指先の関節が耐えられなくて反っているケースが実は多いんです・・・

指の根元のバネを使うイメージで、指をシュッと下ろして弾いたくらいでは、指先の関節はそんな簡単には反りません(笑)

押さえつけの力がどこかで起きているから、反るんですね・・・奥が深いです・・・

 

少し話がそれた感じもしますが、楽譜を見ながら弾くことは、

次の音を目で見てきちんと読む⇒→音の動きを脳が想定⇒→指に指令を出す

という状態なので、脳のトレーニングにもとてもいいし、なんと言っても変なタッチの癖がつきにくくなる利点が隠されている気がします。

鍵盤を見ながら弾くときは、

鍵盤を見る⇒→ここかな?って押さえてみる⇒→鳴った音を耳で聞いて合ってるかどうか確認する

という確認でしか脳の使い方しをしていません。ピアノは脳科学的観点から見てもいい教育法なのに、脳を上手く活用できずに十分なトレーニングが出来ない上、腕で押さえて弾く悪い癖もついちゃいます・・・がく〜(落胆した顔)

 

楽譜をしっかり見ながら弾くことは、脳にも、指のタッチにも、いいこと尽くしですね黒ハート

慣れるまでが大変で、

脳みそ使いすぎて疲れたぁ〜〜!!どんっ(衝撃)

って、子ども達はなりますけれどね(笑)実はそういう時、レッスン中に一口チョコ食べて糖分補給したりしちゃってますあせあせ(飛び散る汗)

OFFも必要〜るんるん

 

 

 

 

指のタッチを教えていて感じること♪

ピアノを弾くとき、どうしても手首に力が入ってしまう・指がペッちゃんこになってしまうという悩みをお持ちの方は多いと思います。

 

実は、手首に力が入っているから指のタッチが悪いのではなく、

指や脳がきちんと機能を果たしていないから手首や腕に頼った弾き方をしているお子さん、凄く多いんです!

 

実は、私の青春時代の夢は、中学校の数学教師か副作用のない薬の開発をする研究員でした(笑)

そのため、通っていた高校は進学校で、理系か文系どちらに進むかの選択を迫られていたころは、音楽の道に進むかどうかで悩んで居た時期でしたので、理系を選択していました。選択授業の物理も、男子の中に女子1人という年もありました(笑)そんな、理系女な先生です!

今では、高校の物理で習った難しいことは忘れちゃってますけれどね(笑)がく〜(落胆した顔)

 

ピアノ指導者として物理的・人体解剖学観点から、手首や腕のかたまり原因を解きほどくと、いろんなことが分かってきます。

高校時代に学んだ考え方などは無駄ではなかったです♪

 

簡単に一言で表すと、

指が正しく機能していない。

単純なようで実はコレがとっても難しいんですふらふら

 

指を正しく機能させるために、脳の働きがとっても重要になってきます。目から得た情報の処理の仕方もとっても大事です。

指が機能していないお子さんは、目で鍵盤を追ってそこへ手を持っていって押さえる。という脳の使い方をしています。私はこの脳の使い方をしている子には、脳みそ休んでるよ。と言ってます(笑)

弾いてる本人は考えてるつもりですが、実はコレは、確認作業でしかないのです。

指を動かす筋肉は、腕や足についている筋肉よりも小さく、内から自分の体を感じ取ることができ、その上で脳がしっかりと指令を出さないと動いてくれません。

 

こんな風に弾きたい!と思っても、なかなかそのような理想的な音の響きを出すのは難しいですよねバッド(下向き矢印)

そういう時は、物理的・人体解剖学観点から見てみるのもいいかもしれませんね揺れるハート

 

ちなみに、目で鍵盤を追って押さえてしまうのは、指が機能しないがゆえに弾きにくいのを無意識にカバーしようとしたり、ちゃんと弾かなきゃって思ってしまう、心理的な問題からきてるなぁと感じます。

生徒さんたちは皆さんとても素直な子達ばかりなので、そういう視点からも謙虚に向き合って上手になろうとしてくれているので、とってもレッスンが楽しいでするんるん

そのあたりのお話は、また次回♪

練習時間♪

かわいい練習はどれ位すれば上手になれるの?

 

以前受けた脳科学の講座では、何事も1万時間練習すれば物になると聞いてかえってきましたが・・・

それって、毎日3時間×10年間ってな感じです。

ちなみに、その講座で先生がおっしゃられていたのは、1日に脳に蓄積される量は時間を区切って練習しても、一気に練習しても、3時間がマックスなんだそうです。

脳科学的観点からはそうかもしれませんが・・・

 

もし、3時間出来たとしても、目的を持って集中した練習方法で取り組むのと、ただ3時間という時間だけにとらわれて時間が消化されるのを待ちながら取り組むのとでは大違いですよねexclamation

 

子どもは特に、気分が乗らないと練習してくれませんもうやだ〜(悲しい顔)

どういうアプローチで気分が乗ってくるのかも、十人十色です。

「毎日どれくらい練習したらいいですか?」と良く質問されるのですが、私はいつもこれだけのを練習してくださいとは言いません。

「こういった手法での練習をしてみてください。」とお答えしています。

個々のお子様に、それぞれの手法がマッチしたとき、子どもたちは自分に合った手法は、

無駄が無いし楽しいるんるん

と感じて、自然と練習をしてくれるようになります。

 

毎日何分練習するexclamationときめて、練習をする癖をつけるのも悪いことではないですが、

毎日集中して止まらず5回exclamationとか、練習できるときに、今日はこの部分の音取りを完璧に仕上げるexclamationという感じで、目的を持った練習を頑張ってみてくださいわーい(嬉しい顔)

子どもは、時間をきめちゃうと時計にばっかり目が向いて集中しないので、時間の無駄で終わってしまうんですよねもうやだ〜(悲しい顔)